好きな映画だけのブログ

好きな映画の好きなとこだけ

片腕カンフー対空とぶギロチン (1975年/ 香港)

あまりに自由でカッコよすぎる、ジミー・ウォングの最高傑作!!

f:id:tWATANABE:20190210223114j:image
クェンティン・タランティーノの映画は大好きだけど、彼の薦める作品はサッパリ面白くない(というか好みに合わない)

けど、この作品だけはマジでウケました!!
前作『片腕ドラゴン』で、主人公チェンロンに愛弟子2人を殺された師匠、"空とぶギロチン"の使い手封神の復讐劇なんだけど、あまりに破天荒すぎます!
盲目なので、声の情報、音を頼りに行動するんだけど、"片腕"と聞いただけで、本人確認せず即行動瞬殺します!!
人違いとわかるも、「まあいい、片腕は皆殺しだ」ってちょっと!
そんな人違いを二度繰り返すんですよ
f:id:tWATANABE:20190210223102j:image
そして、これまた破天荒なムエタイの使い手と、パートナーシップを結び、卑怯な戦いを挑むが、迎える片腕ドラゴンは更なる卑怯な手を思案し、最高のクライマックスへと突入する!!

 


【この映画の好きなとこ】


◾︎ムエタイの使い手ナイマン
喧嘩大好き道場破り大好きなムエタイの使い手
戦いの前には必ずタイ舞踊を舞う(ホントにタイ舞踊かは疑問)
チェンロンの道場存続の危機で、深刻な話をしている時も、自分でラッパを吹き、舞いながら乱入し「オレと戦え」と、どこまでもマイペース
後半、 チェンロンの弟子がナイマンを呼び寄せるため、吹かれたラッパの音に呼び寄せられ追いかけてくるなんざ、ぼぼゴキブリホイホイに引っかかったゴキブリ同様で笑える


◾︎武術大会に参加する変な人たち
①卑怯な日本人侍
"無刀流"を名乗っているけど、仕込み刀を使う日本の恥侍
それを見た片腕ドラゴンのチェンロンは「やるな、参考にしよう」っておーい!
②両腕がのびーるインドヨガマスター
これ1975年の作品ですよ!
漫画「ワンピース」とかに影響与えた??


◾︎カッコよすぎる音楽
とにかく音楽がカッコいい!と思ったら、無許可使用かよ!!
ジャーマンロックバンド、NEU ! のアルバムから勝手に使ってます
オープニングタイトルは、"Super"
ギロチン使いのテーマ曲として"Super 16"を採用してます
でも、無名に近い売れないロックバンドの音楽を選出し、クエンティン・タランティーノ監督作品『キル・ビル』のオープニングにも採用され、僕の大好きなナイン・インチ・ネイルズの楽曲にもサンプリングされるなど、一般に認知させた功績は大きいですね


◾︎卑怯すぎるクライマックス ※ネタバレ
ムエタイとギロチン使いを誘い込んだ、卑怯なカラクリ部屋での対決が最高!
裸足のムエタイ使いには、熱々に焼いた鉄板を敷いた部屋で戦い、部屋を飛び出そうとすると、片腕ドラゴンの弟子が一斉に竹槍で突いて部屋に押し戻すww
ギロチン使いには、飛び出す斧の仕掛け部屋で勝利を掴むww
f:id:tWATANABE:20190210223048j:image
製作、脚本、監督、主演をこなすジミー・ウォングは、この爆笑カンフー映画を、コメディではなく真面目に作っているところがツボなんですよね!
でも確信犯だとしたら、相当な才人ですね
ブルース・リー登場以前の、香港の大スターでした
黒社会との繋がりが濃く、かなりヤバい人らしいけど、まさかリーの死には関係無いですよね😅